TITLE
久しぶりの富士山です。

DATE
2013-01-29

AUTHER
浅原農園

IMG_1862-1.jpg
今日は、千葉県成田市近郊までの長いドライブに招待します。今日は静岡県富士川パーキングまでです。    朝9時自宅を出発、まずは山陽道に入り、神戸から第2名神道に入ります。第2名神の道幅の広い事、ほとんどが3車線で1車線の幅も広く感じました。第2名神は初めての通行です。途中で富士山の良く見える場所を聞き、富士川パーキングからが、良く見えるとの情報を聞き、富士川に着きましたが?もう眠くて!!約700Km走っています。着いたのが4時半過ぎでした。少し曇っていて富士山は見えませんでした。食事を済ませ。地元のコンビニで買っておいたワンカップを飲み干し、一気に爆睡に入りました。翌朝は良く晴れて富士山も良く見え、写真撮影を済ませ、いざ 東京へ・・・・・・



TITLE
ブルーベリー・ジュースは如何ですか?

DATE
2012-12-25

AUTHER
浅原農園

SBSH0795-2-2.jpg
冷凍ブルーベリーを美味しく召し上がって頂く為に、1点1人前で紹介します。冷凍ブルーベリー約50gをミキサーに入れ、つなぎに冷たい牛乳を150cc入れ、砂糖をお好み量入れて下さい。後はスイッチ入れて切るだけで出来上がりです。栄養満点のジュースの出来上がりです。



TITLE
重い雪です。

DATE
2012-12-09

AUTHER
浅原農園

IMG_1483-1.jpg
今朝は雪を楽しみに、明石峠に上がって見ると道路には、ほとんど雪らしき物は有りません。明石峠、久島分かれ、河津原を過ぎる辺りから、だんだん雪の量が増えて津田に入ると、急に雪の量が増えた気がします。浅原の農園に着いて見ると。15Cmくらい積もっていました。まだ 束ねて無いブルーベリーが有るので、棒を使い上に積もった雪を落とそうとした時、なかなか思うように落ちてくれません。その時思ったのは、今回の雪は水分の多い重い雪で有ることを身を持って体感しました。



TITLE
霜の季節です。

DATE
2012-12-07

AUTHER
浅原農園

IMG_1435-1.jpg

今朝の農園のワンカットです。今日作業が出来るまでに霜が溶けたのが10時半を回っていました。



TITLE
朝は冷たいですが?綺麗です。

DATE
2012-12-05

AUTHER
浅原農園

IMG_1391-1.jpg
農園の近くに有る田んぼに群生している雑草に今日も綺麗に霜が降りていました。



TITLE
最近の作業です

DATE
2012-12-04

AUTHER
浅原農園

IMG_1367-1.jpg
ブルーベリーの枝が雪の重さで折れるのを防ぐために、紐で枝を束ねています。



TITLE
霜の季節になりました。

DATE
2012-11-28

AUTHER
浅原農園

IMG_1337-1.jpg
ブルーベリーも紅色に紅葉し葉も落ち始めています。霜があまりにも綺麗だったので写しました。



TITLE
通信販売開始しました

DATE
2012-11-05

AUTHER
浅原農園

frozenberry.jpg本日より、冷凍ブルーベリー「めぐ実」の通信販売の受付を開始しました。
粒ぞろいの完熟のブルーベリーが2kg入っています。
ジャムにしてもおいしいですが、半解凍のまま召し上がったり、ヨーグルトなどに混ぜて食べてもおいしいですよ。



TITLE
ホームページを公開しました

DATE
2012-10-26

AUTHER
浅原農園

10円玉と比較ホームページを公開しました。
当園の完熟ブルーベリーを冷凍した、冷凍ブルーベリー「めぐ実」の通信販売も間もなくオープンしますので、もうしばらくお待ちください。

写真はブルーベリーの実を10円玉と比較したものです。
実の大きさがおわかりいただけるでしょうか。



TITLE
ブルーベリー剪定へのこだわり

DATE
2012-10-24

AUTHER
浅原農園

ブルーベリーの枝私がブルーベリーを育てるのに大事にしていることの一つに「剪定」があります。
書物の多くには、春先での剪定を奨励されていますが、私は経験上、秋に剪定するようにしております。その理由は、春先にでる新芽を傷つけたくないからです。
ブルーベリーは春から秋にかけて、複雑な形で枝を伸ばし、葉が茂り、実をつけます。その後、秋から冬にかけて葉を落としていきます。
これから成長を始める春先に剪定を行い、必要な枝のみを残し、成長を促していくことも分かるのですが、その剪定の際に新芽を傷つけてしまっては、元も子もありません。
写真を見ていただくとよく分かるのですが、ブルーベリーの枝は細く複雑に絡み合うように伸びていきますので、剪定の際、絡み合った枝を振りはらいながら、枝を取り除くことになります。春先での剪定では、どうしても近くの新芽を傷つけたり、落としてしまいますので、それを避けるために秋のうちに剪定を行うようにしております。